目睫の間(読み)もくしょうのかん

精選版 日本国語大辞典「目睫の間」の解説

もくしょう【目睫】 の 間(かん)

きわめて近いところ。また時間が迫っていること。目前
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録七「君の容貌言語恍として猶ほ目睫の間に在り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目睫の間」の解説

もくしょう‐の‐かん〔モクセフ‐〕【目×睫の間】

距離や時間がきわめて近いこと。「目睫の間に迫る」
[類語]手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り・ついそこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android