コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追分[町] おいわけ

2件 の用語解説(追分[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

追分[町]【おいわけ】

北海道勇払(ゆうふつ)郡の旧町。室蘭本線石勝線の交点で,鉄道関係従業者が多い。メロンアスパラガスなどを産する。火山灰地が広い。2006年3月,勇払郡早来町と合併し町制,勇払郡安平町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おいわけ【追分[町]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁勇払郡の町。人口3980(1995)。1952年安平(あびら)村(現,早来(はやきた)町)から分立して追分村を創設し,53年町制。室蘭本線と石勝線が交わる。夕張山地西縁の丘陵と馬追丘陵が町域の大部分を占め,山林面積が広い。北部は由仁安平(ゆにあびら)低地の一角で,ここに農耕地が開け,安平川の段丘面に水田が立地する。夕張炭田の石炭輸送のために1892年,追分~夕張間に鉄道(現,石勝線)がしかれ,追分に機関区が置かれて以来,鉄道の町として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

追分[町]の関連キーワード胆振支庁尾花岬支笏洞爺国立公園檜山胆振渡島白老後志室蘭渡島富士

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone