コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連想・聯想 れんそう

大辞林 第三版の解説

れんそう【連想・聯想】

( 名 ) スル
ある観念につれて、それと関連のある他の観念が頭に浮かぶこと。また、その観念。 「哲学者というとカントを-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

連想・聯想の関連キーワードカント観念