高瀬[温泉](読み)たかせ

世界大百科事典 第2版の解説

たかせ【高瀬[温泉]】

新潟県北部,岩船郡関川村にある温泉。鷹ノ巣温泉,雲母(きら)温泉,湯沢温泉とともに荒川峡温泉郷をなす。米沢街道を往来する旅人に利用されてきた古い温泉だが,近年ボーリングによって湯量が増加し,温泉街の規模も大きくなった。泉質食塩泉,泉温68~72℃。JR米坂線越後下関駅からバスで約10分。駅の近くには江戸時代の庄屋酒造,廻船業も営んだ渡辺家住宅があり,温泉から荒川峡谷をたどる自然遊歩道新緑紅葉の時期がとくによい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android