コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴屋南北(5代) つるや なんぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴屋南北(5代) つるや-なんぼく

1796-1852 江戸時代後期の歌舞伎作者。
寛政8年生まれ。子役として初舞台をふんだが,のち作者に転じ,江戸河原崎座の立作者となる。門下から河竹黙阿弥(かわたけ-もくあみ),3代瀬川如皐(じょこう)がでた。嘉永(かえい)5年2月21日死去。57歳。江戸出身。本姓は松本。前名は鶴屋孫太郎。戯作(げさく)名は2代姥尉輔(うばじょうすけ)。俳名は可祐。作品に「桜花(やよいのはな)大江戸入船」「室町殿所好(このみの)番組」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴屋南北(5代)

没年:嘉永5.1.21(1852.2.10)
生年:寛政8(1796)
江戸後期の歌舞伎狂言作者。前名鶴屋孫太郎。俳名可祐。孫太郎南北という。4代目南北の娘の子。祖母の実家道外形南北の家を再興するため南北丑左衛門の名で子役になるが大成せず,26歳で作者となり,義父で祖父4代目南北門下の勝兵助のもとで狂言方の修業をする。祖父と叔父2代目勝俵蔵没後,3代目屋上菊五郎付きとなり「東海道四谷怪談」など祖父の当たり作を脚色。天保8(1837)年5代目襲名,立作者格となり,「桜花大江戸入船」(通称「骨寄せの岩藤」)で唄浄瑠璃「春野辺桜袂」(「ふわふわ」)を書く。祖父が遺言で一代限りとした作者南北を襲名したが,その祖述者に終わる。

(古井戸秀夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鶴屋南北(5代)の関連キーワード翼ある人びと/ブラームスとクララ・シューマン蜜柑とユウウツ/茨木のり子異聞尾上菊五郎(三代目)岩井半四郎(5世)尾上菊五郎(3世)尾上松助(1世)田島此助(初代)瀬川如皐(2世)南北三ぶ(初代)隅田川花御所染浮世柄比翼稲妻お染久松色読販天竺徳兵衛韓噺佐野次郎左衛門江戸育御祭佐七勝俵蔵(初代)桜姫東文章本谷有希子小幡小平次心謎解色糸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android