コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《嘔吐》 おうと

世界大百科事典内の《嘔吐》の言及

【サルトル】より

… 1933‐34年にベルリンでフッサールの現象学を学んだサルトルが,後の著作や活動の哲学的な基盤となる思想(現象学的存在論)を体系的に展開したのは,《存在と無》(1943)においてである。しかし彼の名前は,それ以前にすでに小説《嘔吐》(1938)で知られていた。これは発行と同時に好意的な批評に迎えられ,その直後には短編集《壁》(1939)を著し,たちまち彼は前途有望な作家として注目されるにいたる。…

※「《嘔吐》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《嘔吐》の関連キーワードマロリー=ワイス症候群乗り物酔い・乗物酔い塩酸ジフェニドールジメンヒドリナートアセトン血性嘔吐症流行性下痢肝てつ(蛭)症二塩化エチレン低副腎皮質機能ペラグラチフス無鉤条虫感染エチケット袋冬期嘔吐症耐熱性毒素ムスカリン自家中毒随伴症状幽門痙攣ソラニン上げ下し