こけこっこう(読み)コケコッコウ

大辞林 第三版の解説

こけこっこう

ニワトリの鳴き声を表す語。こけっこう。
ニワトリをいう幼児語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こけこっこう

の鳴き声を表わす語。
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)〈文部省〉二「をんどりは〈〉はばたきをして、こけこっこーと、なきました」
[語誌](1)鶏の鳴き声は、「神楽歌‐明星・酒殿歌」にあるように、古くカケロとカ行音で写されていた。
(2)「咄本・醒睡笑‐一」にあるトッテコーや「書言字考節用集‐八」にあるトーテンコーが一般的になっていたらしく、近世には、鶏の鳴き声をタ行音で写す傾向が見られる。
(3)明治時代には、仮名垣魯文「西洋道中膝栗毛‐二・自序」に「滑稽稿(こっけいかう)」とあり、再びカ行音が一般的となったものか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android