すだれ(簾)(読み)すだれ

世界大百科事典 第2版の解説

すだれ【すだれ(簾)】

竹やヨシ(葦)などをすきまをあけて並べ編んだもの。室内の仕切り,日よけなどに用いる。〈すだれ〉は垂(すだれ)であり,〈す(簀)〉は〈すきま〉から出た言葉でもとは敷物である。簀とみられる遺物は縄文時代からある。《万葉集》に〈わがやどの簾動かし秋の風吹く〉などをはじめとしてすだれをよんだ歌が数多くあって,すだれは日本で古くから使われていた。材料にはほかに篠(しの),萱(かや),菅(すげ),薦(こも)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android