どぎどぎ(読み)ドギドギ

デジタル大辞泉の解説

どぎ‐どぎ

[副]
刃物の鋭利なさま。
「触れて行くものは、忽ち両断されて了いそうな、―した刃(やいば)が」〈里見弴・大道無門〉
うろたえ、あわてるさま。どぎまぎ。
「上人―し給ひ」〈浄・義経東六法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どぎどぎ

( 副 )
うろたえあわてるさま。どぎまぎ。 「引く手あまたに-する時に/浮世草子・好色敗毒散」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android