コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮薄 フハク

デジタル大辞泉の解説

ふ‐はく【浮薄】

[名・形動]あさはかで軽々しいこと。また、そのさま。軽薄。「軽佻(けいちょう)浮薄
「其様な―な婦人(おんな)じゃあなし」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふはく【浮薄】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人に信念がなく、他に動かされやすいこと。風俗などがうわついていること。また、そのさま。 「軽佻けいちよう-」 「其様そんな-な婦人おんなぢやあなし/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮薄の関連キーワード不・付・俘・俯・傅・埠・夫・婦・孵・富・巫・布・府・怖・扶・敷・斧・普・浮・父・符・腐・腑・膚・訃・譜・負・賦・赴・附・風伯・剥・剝・博・帛・拍・搏・柏・泊・白・箔・粕・膊・舶・薄・迫・魄ヨハネス(ソールズベリーのヨハネス)ウィッチャリー夏目漱石サロート本町通り蘐園学派はすっぱ川島雄三軽佻浮薄人間嫌い蓮っ葉ルルス丸める軽浮検疫范寧蓮葉四迷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮薄の関連情報