コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なう ナウ

デジタル大辞泉の解説

な・う[接尾]

[接尾]動詞五(四)段型活用》名詞、形容詞の語幹などに付いて動詞をつくり、その行為をするという意を表す。「あき―・う(商う)」「に―・う(荷なう)」「あま―・う(甘なう)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

なうの関連キーワード盗人を見て縄を綯う戦を見て矢を矧ぐ糾合・鳩合・糺合五分も透かない東海園(初代)けいげいしいとけしなし言はれざるまじくない糾う・糺う這ひ籠もる仕損ずる心に染むてんぽ酒手習ひ子塗立て漆パーテルわら細工けなるいくんさる

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なうの関連情報