コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なう ナウ

デジタル大辞泉の解説

な・う[接尾]

[接尾]動詞五(四)段型活用》名詞、形容詞の語幹などに付いて動詞をつくり、その行為をするという意を表す。「あき―・う(商う)」「に―・う(荷なう)」「あま―・う(甘なう)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

なうの関連キーワード盗人を見て縄を綯う戦を見て矢を矧ぐ糾合・鳩合・糺合五分も透かない東海園(初代)けいげいしい這ひ籠もる言はれざるまじくない糾う・糺うとけしなし返る返る仕損ずるてんぽ酒けなるいわら細工塗立て漆心に染む手習ひ子パーテル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なうの関連情報