アール(読み)あーる(英語表記)are

翻訳|are

日本大百科全書(ニッポニカ)「アール」の解説

アール
あーる
are

メートル法の面積単位記号aで表す。100平方メートル。100アールで1ヘクタールとなる(1ha=100a。h:ヘクトはSI接頭語の一つで100倍の意味をもつ)。語源はラテン語で「平らな土地の一画」を意味する。ヨーロッパの大陸諸国では農地に用いられており、国際単位系(SI)で推奨されている平方メートルと平方キロメートルは100万倍の開きがあるので、アールとヘクタールを用いるほうが大変便利であるが、土地面積の単位は変更が困難なため、その他の諸国では普及していない。国際単位系(SI)と併用される非SI単位として、ヘクタールが認められている。日本では、1アールがほとんど1畝(せ)(正確には1.008畝)にあたり、1ヘクタールがほとんど1町歩でもあるため、抵抗なく採用されている。

[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「アール」の解説

アール

〘名〙 (R, r) アルファベットの第一八字。
① (r) 数学で、半径radius)、割合、比(ratio)の記号。
② (r) 化学で、レントゲン(röntgen)の略。X線の強さを表わす記号の一つ。
③ (R) 化学で、基(Radical)、とくにアルキル基を表わす。
④ (R) 右(Right)を表わす記号。⇔
⑤ (R) 英語で、川(River)の略。

アール

〘名〙 (are)⸨アーレ⸩ メートル法の面積の単位。おもに土地の面積をいうのに使われる。一アールは一〇〇平方メートル。約三〇・二五坪。約一畝。記号a。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「仏は百『メートル』平方を『アーレ』とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アール」の解説

アール
Earle, John

[生]1601? ヨーク
[没]1665.11.17. オックスフォード
イギリスの聖職者。ソールズベリーの主教。随筆集『小宇宙論』 Microcosmographie (1628~33) は,17世紀散文の重要なジャンルであった「気質もの」 charactersの代表作の一つである。

アール
Earl, Ralph

[生]1751
[没]1801
アメリカの肖像画風景画家。 1878~85年ロンドンに学ぶ。コネティカット州の風景や風俗を描き,生地情景を描いたアメリカ最初の画家の一人。主要作品『ロジャー・シャーマンの肖像』 (1777頃,エール大学ギャラリー) 。

アール
are

農地,山林など大きい面積を表す単位。記号は a。1aはの長さが 10mの正方形の面積で,1a=100m2。ヘクタール(ha)も多く用いられる。1ha=100a。単位名はラテン語のアーレア area(空き地)に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「アール」の解説

アール

英国の爵位。伯爵と訳される。マーキスバイカウントとの中間。かつてカウントcountと呼ばれたことがあるため,夫人はカウンテスcountessと呼ばれる。なおその長男はバイカウントの称号で呼ばれる。→爵位
→関連項目ロード

アール

面積のメートル法単位。記号a。1a=100m2=30.3坪。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

単位名がわかる辞典「アール」の解説

アール【are〈フランス〉】

面積の単位。100m2に等しい。約30.25坪、約1畝(せ)に相当する。記号は「a」。100aは1ha(ヘクタール)となり、1町25歩(ぶ)に相当する。◇名称は、広場を意味するラテン語areaにちなむ。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アール」の解説

アール【Augustus Earle】

1793‐1838
放浪画家。ロンドン生れ。父親はイギリス系アメリカ移民の画家。地中海,北アフリカ,アメリカ東部,南アメリカを放浪して絵を学ぶ。南大西洋のトリスタン・ダ・クーニャで生活中,オーストラリア行きの船に救出され,ニュー・サウス・ウェールズ初の石版師として画廊と美術学校を開いた。1827年ニュージーランドへ渡り,先住民マオリ族のテ・ファレウム首長の小屋に住んで,ヨーロッパ文明に接触し始めたマオリ族の生活(を使っての部族戦争,食人など)を描いた。

アール【are】

面積の単位で,記号はa。1a=100m2である。フランス革命後,他のメートル法の単位とともに使われるようになった。国際単位系(SI)には含まれないが,SIとは暫定的に併用してよい単位となっている。【大井 みさほ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android