エム(英語表記)M/m

デジタル大辞泉の解説

エム(M/m)

英語のアルファベットの第13字。
〈M〉ローマ数字の1000。
〈M〉《medium》衣服のサイズのM判。→SL
〈M〉
㋐《man》男性を表す略号。⇔W
㋑《male》男性を表す記号。⇔F
㋒《〈ラテン〉membrum virile》陰茎を表す略号。
〈M〉《nautical mile》海洋や航海上の距離の単位、海里の記号。
〈m〉《〈フランス〉mètre》長さの単位、メートルの記号。
〈M〉《magnitude》地震の大きさの単位、マグニチュードの記号。
〈M〉《〈ドイツ〉Mach》高速飛行速度の単位、マッハの記号。
〈m〉《minute》時間の単位、の記号。→HS
10 〈M〉《mastermaster course修士修士課程を表す記号。M1(修士課程1年生)、M2(修士課程2年生)のように用いる。
11 数の単位。
㋐〈m〉《〈フランス〉milliミリの記号。
㋑〈M〉《megaメガの記号。
12 〈M〉《「明治」のローマ字書きmeijiの頭文字から》元号の明治を表す記号。
13money》金銭。
「―の心配は要らん」〈魯庵・くれの廿八日〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エム【M・m】

英語のアルファベットの第一三字。
ローマ数字の1000( M )。
長さの単位メートル(フランス mètre)を表す記号( m )。
〔medium〕 衣類などのサイズが標準寸法のものであることを表す記号( M )。 → M 判( ABC 略語)
地震の規模の尺度マグニチュード(magnitude)を表す記号( M )。
質量(mass)を表す記号( M m )。
マッハ(mach)数を表す記号( M )。
ミリ(milli)の略号( m )。
メガ(mega-)の略号( M )。
〔man〕 男。男性。男性的要素。 ⇔ W
māra から〕 陰茎の隠語。学生が用いた。
〔money〕 金銭の隠語。学生が用いた。 「君、すこしく-を持つては居まいかね/当世書生気質 逍遥
〔masochist〕 マゾヒスト。マゾヒスト的要素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エム

〘名〙 (M, m)
① 英語のアルファベットの第一三字。
② (M) ローマ数字の一〇〇〇。
③ (m) 長さの単位、メートル(métre)の記号。
④ (M) 寸法が標準の大きさであること(medium)を示す記号。
⑤ (m) 時間の単位、分(minute)の記号。
⑥ (M) MN式血液型の一つ。
⑦ 電気工学で、電動機(motor)を表わす記号。
⑧ (M) 鉄道車両の分類で、電動車(motorcar)を表わす記号。
⑨ (M) 地震の規模の尺度、マグニチュード(magnitude)の略号。
⑩ (M) 英語で、医学(medical science)の略。医学部学生の襟章に記号として用いられた。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉六「大学の制服の、襟にM(エム)の字の附いたのを着た」
⑪ (M) 長さの単位、海里(nautical mile)の記号。
⑫ (M) 高速飛行体の速度を示す単位、マッハ(Mach)の記号。
⑬ (M) 単位に冠する接頭語、メガ(mega-)の記号。
⑭ 学生の隠語。
(イ) (money の頭文字) 金銭。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「すこし声をひそめて『君、すこしヱム(モネイの略にて貨幣(かね)といふ事)を持っては居まいかね』」
(ロ) (「まら」をローマ字書きしたものの頭文字か) 陰茎。〔改訂増補や、此は便利だ(1918)〕
(ハ) (和製英語 monthly water からか) 月経。〔モダン辞典(1930)〕
⑮ (M) 男性(Mann の頭文字)の意。男性的性格。オーストリアの哲学者オットー=ヴァイニンガーの著「性と性格」による。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一二「どの男でも幾分か女の要素を持ってゐるやうに、どの女でも幾分か男の要素を持ってゐる。個人は皆 M+W だといふのさ。そして女のえらいのは M の比例数が大きいのださうだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エムの関連情報