コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エム M/m

デジタル大辞泉の解説

エム(M/m)

英語のアルファベットの第13字。
〈M〉ローマ数字の1000。
〈M〉《medium》衣服のサイズのM判。→SL
〈M〉
㋐《man》男性を表す略号。⇔W
㋑《male》男性を表す記号。⇔F
㋒《〈ラテン〉membrum virile》陰茎を表す略号。
〈M〉《nautical mile》海洋や航海上の距離の単位、海里記号
〈m〉《〈フランス〉mètre》長さの単位、メートルの記号。
〈M〉《magnitude》地震の大きさの単位、マグニチュードの記号。
〈M〉《〈ドイツ〉Mach》高速飛行速度の単位、マッハの記号。
〈m〉《minute》時間の単位、の記号。→HS
10 〈M〉《mastermaster course修士修士課程を表す記号。M1(修士課程1年生)、M2(修士課程2年生)のように用いる。
11 数の単位。
㋐〈m〉《〈フランス〉milliミリの記号。
㋑〈M〉《megaメガの記号。
12 〈M〉《「明治」のローマ字書きmeijiの頭文字から》元号の明治を表す記号。
13money》金銭。
「―の心配は要らん」〈魯庵・くれの廿八日〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エム【M・m】

英語のアルファベットの第一三字。
ローマ数字の1000( M )。
長さの単位メートル(フランス mètre)を表す記号( m )。
〔medium〕 衣類などのサイズが標準寸法のものであることを表す記号( M )。 → M 判( ABC 略語)
地震の規模の尺度マグニチュード(magnitude)を表す記号( M )。
質量(mass)を表す記号( M m )。
マッハ(mach)数を表す記号( M )。
ミリ(milli)の略号( m )。
メガ(mega-)の略号( M )。
〔man〕 男。男性。男性的要素。 ↔ W
māra から〕 陰茎の隠語。学生が用いた。
〔money〕 金銭の隠語。学生が用いた。 「君、すこしく-を持つては居まいかね/当世書生気質 逍遥
〔masochist〕 マゾヒスト。マゾヒスト的要素。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エムの関連キーワード大規模多人数同時参加型オンラインRPGマルチメディアメッセージングサービス多人数同時参加型オンラインRPGコンテンツマネージメントシステムマネージド型サービスプロバイダーアルファ磁気スペクトロメーターエンジンマネージメントシステムマネーマネージメントファンドマニュアルトランスミッションサーチエンジンマーケティング品質マネージメントシステムショートメッセージサービスポリメチルメタアクリレート検索エンジンマーケティング環境マネージメントシステムシカゴマーカンタイル取引所対称型マルチプロセッシング電子機器受託製造サービス最高マーケティング責任者月間アクティブユーザー数

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エムの関連情報