ガス銃(読み)がすじゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「ガス銃」の解説

ガス銃
がすじゅう

ガスを発射エネルギー源とする銃。普通使用されているガス銃は圧縮ガス式空気銃とよばれ、小型ボンベに詰められた圧縮(液化)炭酸ガスを利用する。弾丸を装填(そうてん)して引き金を引くと、一発分に必要なガスが気化して弾丸の背後に噴出し弾丸が発射される。ライフル銃、ピストル、散弾銃などの型があり、おもに小形鳥類の狩猟に使われる。特殊なものには猛獣捕獲用麻酔銃、暴徒鎮圧用催涙ガス銃、特殊工作員用の小型青酸ガス銃などがある。

[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ガス銃」の解説

ガス‐じゅう【ガス銃】

〘名〙 ガス弾を打ち出す銃。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android