コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥銃 チョウジュウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じゅう〔テウ‐〕【鳥銃】

小銃のこと。もと、鳥を撃つために使ったところからという。
「是を以て制せんとて―を出したり」〈条野有人・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじゅう【鳥銃】

小銃のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鳥銃の言及

【武器】より

…これは暗やみなどで使用され,一見したところは普通の道具であったり生活用具であったから,不意を襲ったり暗殺したりするときに有効であったし,また一般人はもちろん,武術家なども創意工夫をこらして新しいものを開発した。清代の飛道具の主役はやはり銃砲で,鳥銃と呼ばれる前代以来の火縄銃が使用されていた。この鳥銃の長さはおよそ1.8mくらいのものであった。…

※「鳥銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥銃の関連キーワード矢野毅卿十四事武衛流砲術武芸鉄砲小銃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android