コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短機関銃 たんきかんじゅう submachinegun

1件 の用語解説(短機関銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短機関銃
たんきかんじゅう
submachinegun

軽量な個人携帯用の全自動機構の自衛火器。拳銃弾を使用し,発射時の吹戻しによって作動する。箱またはドラム弾倉によって給弾するが,初速が小さいために,有効射程が小銃よりも短い。第1次世界大戦中に開発され,禁酒法時代のシカゴギャングが使用して悪名をはせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の短機関銃の言及

【機関銃】より

…いずれも発射速度は毎分500~1300発,初速は毎秒700~1000m程度。短機関銃は,拳銃弾を使用する近距離用の小型自動火器で,3.5kg前後のものが多い。なお,口径20mm以上のものは機関砲といっているが,構造はほぼ機関銃と同じである。…

※「短機関銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

短機関銃の関連キーワード火炎放射器軽火器自動火器重火器擲弾筒全自動モードレーション全自動洗濯機飯ごう携帯用補聴器

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

短機関銃の関連情報