コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッツアイ cat's-eye

翻訳|cat's-eye

百科事典マイペディアの解説

キャッツアイ

猫目石とも。クリソベリル(金緑石)で変彩を示すものの宝石名。繊維状構造のためカボション・カットしたものはネコの目のような感じの絹糸状繊維光が現れる。絹状光沢,不透明〜半透明,帯緑色のものが多い。主産地はスリランカ,ブラジル,ロシアなどで,非常に高価。また繊維状アスベストを平行に包有する石英など,ネコの目に似た繊維光を示す鉱物を虎目石(タイガーアイ)という。
→関連項目金緑石宝石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャッツアイ【cat’s‐eye】

本来は一つの種類を示す宝石名ではなく,宝石の内部に平行状に密集配列する微小な管状組織や繊維状組織によって生ずる〈変彩効果chatoyancy〉に対する名称である。このような組織をもつ宝石をカボション形にカットした場合,組織に対して直角方向に現れる光の線条をネコの目にたとえた名である。代表的なものはクリソベリル・キャッツアイ(クリソベリル)で,通常キャッツアイ(猫目石)と呼ぶときはこれを指す。その他トルマリン,アパタイト,ベリルなど多くの宝石にこの効果を現すものがあり,おのおの石名を冠して何々キャッツアイと称する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キャッツアイ【cat's-eye】

猫目石ねこめいし
道路上の交差点や中央線付近に埋め込まれた鋲びよう。夜間、ヘッド-ライトを受けて発光する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

キャッツアイの関連キーワードa Day in Our Life木更津キャッツアイキャッツアイ効果キャッツ・アイマジックアイユン ソナ宮藤官九郎アトウッド渡辺航佑宮地雅子古田新太塚本高史丸山智己緋田康人佐藤隆太ユンソナ武井秀哲岡田准一斎藤静香黒川博行

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャッツアイの関連情報