コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルマン法 ゲルマンほうGermanic law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルマン法
ゲルマンほう
Germanic law

ゲルマン民族の固有法。一口にゲルマン民族の固有法といっても,その定住した地域,前1世紀頃のゲルマニアの時代から中世末までの時代の長さからも察せられるように,一つの国家の統一的法体系ではない。ゲルマンの大移動直後に,ローマ文化に触発されて立法された中世初期のゲルマン諸部族法典,中世盛期のドイツの法書ワイストゥーム (判告集,荘園法記録) ,フランス中世の慣習法記録などを有力な法源とする。またイギリス法史上の諸法源や北ヨーロッパ中世の法書,法典も重要である。ゲルマン法はムントゲベーレに典型的にみられるような超個人主義的な団体主義を基調として,慣習法の優位,法と道徳,法と権利,私法と公法の融合・未分化,象徴主義,方式主義を特色とする。また,一般的に,ゲルマン法は,法曹法,都会法,商人法として特徴づけられるローマ法と対照されて,民衆法,農村法,農民法と称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゲルマン‐ほう〔‐ハフ〕【ゲルマン法】

ゲルマン民族古法ローマ法と並んでイギリス・ドイツ・フランスなどの諸国法の基礎となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゲルマン法【ゲルマンほう】

ゲルマン民族の古法・固有法。特に19世紀のドイツ法制史学によって再構成された法概念としての性格を有する。ローマ法・カノン法とともに後世諸国法の基礎に位置づけられた。
→関連項目ドイツ普通法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルマンほう【ゲルマン法 germanisches Recht】

ゲルマン人の古法を指すが,この概念は伝統的なドイツ法史学において特有の用いられ方をしてきた。そこでは,ドイツ法の根源はゲルマン法にあり,ドイツ法史は中世の末にいたるまでゲルマン的特徴を帯びており,〈ローマ法の継受〉によって初めてこの点に転換が生じたという基本的前提がとられている。こうした考え方が生まれたのは,16世紀のことで,15世紀に写本が発見,刊行されたタキトゥスの《ゲルマニア》を主たる材料としたゲルマン人像の形成,1530年と57年におけるゲルマン諸部族法典の最初の活字本の公刊などがなされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゲルマンほう【ゲルマン法】

ゲルマン諸部族の法。ローマ法と並び、その後のヨーロッパ各国の法形成の基盤となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルマン法
げるまんほう
germanisches Rechtドイツ語

一般にゲルマン人の固有法の意味で用いられる。ゲルマン法という概念がローマ法との対比で意識され始めたのはすでに17世紀にさかのぼる。しかしそれが顕著になってきたのは、フランスの七月革命の影響で自由主義的ドイツ統一運動が高揚し、1830年代末からゲルマニステンの一大運動が盛り上がったときであった。ゲルマニステンの機関誌『ドイツ法およびドイツ法学雑誌』の創刊(1839)、ゲルマニステン会議の開催(1846、47)があり、この会議でパンデクテン法学に対抗して、ドイツ普通法gemeines Rechtはローマ的要素とゲルマン的要素が混合したものであるとされた。これをきっかけとしてゲルマン的要素の研究が進められ、やがて時代を超越した概念としてのゲルマン法という形でドイツにおけるゲルマン的要素の一面的強調、ローマ的要素を排除すべきであるとの考え方が生まれ、これがナチス法学に受け継がれた。したがってゲルマン法という概念はそれほど明確なものではなく、(1)古ゲルマン時代の法、(2)ゲルマン人に共通の法、(3)ドイツに固有の法、というように種々の用いられ方をしており、はたしてこれがヨーロッパ法を明らかにするのに有効な概念であるのかどうかは疑わしい。有効であるとすれば、古ゲルマン時代の法の場合であろう。
 民族大移動のころのゲルマン各部族はそれぞれ慣習法によって生活していた。そのなかで現在のポーランド西方に住んでいた西ゲルマン人は、その移動によってヨーロッパ各地に彼らの慣習法をもたらした。アングロ・サクソンはイギリスに渡り、ヨーロッパ大陸ではいくつかの部族がローマ法文化とキリスト教の影響を受けて法典をつくったり、あるいは自分たちの慣習法を採録した法典や法書をつくった。これらの部族の法は中世盛期になると行われなくなったが、各地方の慣習法として定着した。ドイツでは、中世の中ごろにローマ法(ユスティニアヌスの法)が継受され、これが教会法と一体となって(ローマ・カノン法)、ドイツ普通法となり、慣習法の補充的役割を与えられるようになった。しかし慣習法は、依然として農村(地域)において維持され、ローマ・カノン法と補い合って、あるいは対立して中世法を形成していた。19世紀のゲルマニステンの主張は、このような農村(地域)法をゲルマン法としてとらえ、ドイツ民法典にこれらの法の仕組みを導入するよう要求したものである。その一つの例としてゲベーレをあげることができる。[佐藤篤士]
『平野義太郎著『民法におけるローマ思想とゲルマン思想』(1924・有斐閣) ▽世良晁志郎著『ゲルマン法の概念について』(『歴史学方法論の諸問題』所収・1973・木鐸社) ▽コーイング著、上山安敏監訳『ヨーロッパ法文化の流れ』(1983・ミネルヴァ書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゲルマン法の言及

【偽文書】より

…このほか江戸時代には楠木正成をはじめ南朝にかかわる偽文書も流布しているが,こうした文書を含めて,偽文書には偽作当時の庶民の慣習・伝説,あるいは時代の思潮が,史実の残像と交錯して表現されており,それを正確に弁別するならば,偽文書は歴史学と民俗学とを結ぶ懸橋の役割を持つ重要な史料となりうるのである。【網野 善彦】
[ヨーロッパ]
 中世西ヨーロッパでは,本来ゲルマン法の支配を特徴とするアルプス以北の社会と,古典古代以来,ローマ法を継受した地中海地域のそれとは顕著な対照を示す。ローマ法の地域ではすでに12世紀,イタリアを中心に南フランスでも,皇帝や教皇の允可(いんか)を得た公証人が一定の書式に則って公正証書を作成し,すべての契約にあたって,いっさいの法律上の権利関係の変更が文書に記録され,公証人の署名と花押monogramとによって認証されることとなった。…

【裁判】より

…【西村 重雄】
[中・近世]
 4世紀後半からゲルマン人のローマ帝国内への移動・侵入が始まり,ローマ帝国はしだいに崩壊した。ゲルマン法における初期の裁判のあり方の概要は以下のようであったと考えられる。 裁判は,一般には,仲裁から進化したものとされている。…

【相続】より

…【福島 小夜子】
【ヨーロッパ】
 相続法は,土地制度および家族制度のあり方によって国ごとにその内容,性格を異にしている。歴史的沿革を見るならば,とくにヨーロッパ大陸諸国においてはローマ法ゲルマン法の二つの淵源に由来する諸特徴が織り混ぜられて今日の相続法を形成していることが認められる。
[ローマ法]
 ローマ法上の相続は,本質的に遺言相続である。…

※「ゲルマン法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲルマン法の関連キーワードオット・フレードリッヒ ギールケハインリッヒ ブルンナーゲノッセンシャフトルードルフ ソームウィントシャイトゴルトシュミットA. ホイスラードイツ民法典アイヒホルンポセッシオフランス法ミッタイスベーゼラー改革都市法ホイスラーフィッカーコンリングゲウェーレ歴史法学古文書学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android