コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェスチャー じぇすちゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ジェスチャー

ボディランゲージのひとつで、身振り手振りのこと。言葉を発せずに体の動作で表現する。プレゼンテーションで用いると効果的である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ジェスチャー

身振りや手振りのことです。パソコンでは、タッチパッドや画面に触れた指、もしくはマウスで決まった動きをすることで、画面の矢印(ポインタ)を動かすのではなく、特定の機能を呼び出す操作を指します。「タッチパッドを2本指でなぞってスクロール」、「画面上で2本の指を広げて表示の拡大」などの操作がジェスチャーです。
⇨ピンチイン/アウト、マルチタッチ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェスチャー(gesture)

《「ゼスチャー」「ゼスチュア」とも》
身振り。手振り。しぐさ。「ジェスチャーをまじえて話す」
見せかけだけの態度・振る舞い。思わせ振り。振り。「あの居直りは彼一流のジェスチャーだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ジェスチャー

日本のテレビ番組。NHK制作のクイズバラエティ。1953年2月~1968年3月放映。紅白に分かれて体の動きだけで答えを当てる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェスチャー【gesture】

身ぶり,しぐさなどの日本語に相当する。明治時代の初めから,西洋風の身ぶりをさす外来語としてひろく使われるようになったが,これは西欧の議会制度とともに発達した〈演説〉が明治時代以後に日本に入ってきて,欧米人が演説にまじえる身ぶりをまねたことに始まる。演説の練習を積んだ若い人々をとおして西洋風の身ぶりは都会を中心にひろまった。また並行して,西欧の事物・風俗の流入による生活環境の変化とともに,西洋風の身ぶりは若い人々を中心としてとりいれられていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ジェスチャー【gesture】

〔ジェスチュア・ゼスチャーとも〕
身振り。手振り。しぐさ。また、身振り・手振りで、ある事柄を表現すること。 「 -をまじえて話す」 「 --ゲーム」
見せかけの態度。おもわせぶり。 「本心ではなく-にすぎない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ジェスチャーの関連キーワードMini Power Controlノンバーバル・コミュニケーションノンバーバルコミュニケーションジェスチャーインターフェースタッチレスインターフェースオペラ(コンピュータ)WindowsタッチOS X LionWindows10ボディランゲージジェスチャー入力ジェスチャーUIXbox One加速度センサートラックパッドスタンバーグ柳家 金語楼ベビーサインペンフリック大石やすたか

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェスチャーの関連情報