コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セッケン(石鹸) せっけん

百科事典マイペディアの解説

セッケン(石鹸)【せっけん】

化学的には高級脂肪酸のアルカリ金属塩を意味する。他の金属塩は金属セッケンとして区別。一般洗浄用に広く用いられているのはほとんどナトリウム塩(ソーダセッケン,硬セッケンという)で,他にカリセッケン(軟セッケン)がある。セッケン水溶液は弱アルカリ性を呈し,表面張力を低下させる作用が強く,安定な泡を生ずる。カルシウムやマグネシウムなどのイオンを含む温泉や硬水中では不溶性の金属セッケンを生じ,洗浄力が落ちる。製法には,動植物油または脂肪酸を水酸化アルカリと反応させて得たセッケン素地に,着色剤,香料などを加えて混練し,乾燥,成型する。用途により洗濯セッケン化粧セッケン工業用セッケン薬用セッケンなどに分けられる。→合成洗剤
→関連項目洗剤洗濯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android