パネルディスカッション(英語表記)panel discussion

翻訳|panel discussion

デジタル大辞泉 「パネルディスカッション」の意味・読み・例文・類語

パネル‐ディスカッション(panel discussion)

討議法の一。ある問題について対立する意見をもつ数人の代表者聴衆の前で討論を進め、のち聴衆の参加を求めるもの。
[類語]討論討議対談鼎談面談会議協議評議商議審議合議会談会合話し合いミーティング集会寄り合い集まり座談会集いまどい団欒相談打ち合わせ謀議密議衆議シンポジウムディスカッションフォーラムフォーラムディスカッションディベート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「パネルディスカッション」の意味・読み・例文・類語

パネル‐ディスカッション

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] panel discussion ) 討議法の一つ。ある問題について五、六人の対立意見代表者が聴衆の前で議論をかわし、のち聴衆全体に討論への参加を求める方法
    1. [初出の実例]「報道の自由の問題でパネル・ディスカッションを持ちますから」(出典:白く塗りたる墓(1970)〈高橋和巳〉七)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「パネルディスカッション」の意味・わかりやすい解説

パネル・ディスカッション
panel discussion

〈座談式公開討議法〉と呼ばれる集団討議法一種。一般的には,数人の討論者(パネラー)が司会者進行により討議を交わし,そのあと聴衆も参加して質疑応答を行う形をとる。シンポジウムでは,数人の報告者がそれぞれ自己の見解を開陳し,それを素材に全員で討議するのに対し,ここでは,パネラーに対立的な意見を代表する者を選び,討論者相互で十分な議論を行うことに重点がおかれる。しかし,シンポジウムのなかパネル・ディスカッション的な討論が組み込まれる場合もあるなど,類似の集団討議法との関係は必ずしも明確ではない。現代の複雑な問題を多角的に論議・検討するのに適した方法として,学会その他の学術的な研究会で活用されるほか,シンポジウムゼミナールとともに,マス・メディアなどで企画・運営される。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「パネルディスカッション」の意味・わかりやすい解説

パネルディスカッション
panel discussion

討議法の一種。所定の問題の討議にあたって,あらかじめ意見の対立を予測して選ばれた各意見の代表者のグループ (パネル陪審員) が聴衆の前で意見発表と討論を展開し,その後,司会者の誘導により聴衆も参加して討論を進めるもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「パネルディスカッション」の解説

パネルディスカッション

あるテーマについて、あらかじめ選ばれている複数の専門家(パネリスト)が意見を述べた後に、一般の参加者も交えて進めていく討論会のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のパネルディスカッションの言及

【国民会議派】より

…1885年12月ボンベイで開催されたインド国民会議がその起源であるが,その結成に当たり二つの潮流が存した。一つはイルバート法案闘争の中でS.バネルジーらを中心に結成された全インド国民協議会All‐India National Congressで,これはイギリス側の人種差別行政に反発するインド知識人や中間層を代弁した。他はイギリス人官吏のリベラルな部分であった。…

※「パネルディスカッション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android