コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィナーレ finale

翻訳|finale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィナーレ
finale

音楽・演劇用語。 (1) 多楽章の作品,特にソナタ,あるいは交響曲などの最終楽章。 18世紀から 19世紀にかけては,快活な感じのものが多く,速いテンポでロンド形式ソナタ形式,ときには変奏曲形式などによって書かれた。 (2) オペラの各幕の最後の場面。 18世紀中頃,おもにイタリアのオペラ・ブッファにおいて発展した。劇的な効果をあげるため通常ほかのアリア重唱より長く,異なった性格をもついくつかの部分から複合的に構成される。 (3) 演劇やミュージカル・ショーなどで最後に出演者が全員舞台に登場する場面。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

フィナーレ【finale】

演劇・祭典・催事などの最後の場面。大団円。 「 -を飾る」
音楽で、最終楽章。終曲。また、オペラの最終場面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィナーレ
ふぃなーれ
finale イタリア語 英語 フランス語
Finaleドイツ語

音楽用語。18世紀中ごろ以降用いられた語で、現在次の2種の用法がある。(1)オペラなどの舞台音楽において、各幕あるいは作品全体の最後の部分。「幕切れ」とも訳される。イタリアのオペラ・ブッファで発展し、この部分では、しばしば一連の関連したアリアや声楽アンサンブル、さらには合唱などによって盛大に構成される。また、レビューやバレエにも同義にこの語が用いられている。(2)協奏曲、ソナタ、交響曲のような三楽章以上からなる器楽曲の最終楽章。これは、ウィーン古典派音楽ではロンドのような速く快活な楽章であったが、ロマン派以降の音楽では作曲家が望む速さや性格をもった楽章となった。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフィナーレの言及

【楽章】より

…急速楽章,緩徐楽章などテンポや書法などの違いから区別することもある。一つの部分しかない場合を単一楽章といい,多楽章の場合,順序によって最初のものを第1楽章,最後のものを終楽章ないしフィナーレともいう。【土田 英三郎】。…

※「フィナーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィナーレの関連キーワードプーランク:ナゼールの夜(前奏曲、8つの変奏、カデンツァ、終曲)/piano soloデュカス:ラモーの主題による変奏曲、間奏曲とフィナーレ/piano soloシューベルト:即興曲集 Op.142/piano soloシューベルト:ロンド ホ長調/piano soloジェレミー ウォザースプーンレナート カステラーニ天国と地獄(音楽)ジェイコブ チャングランドフィナーレ二十世紀バレエ団能の略式上演方式トルコ行進曲カステラーニ赤木 圭一郎博多どんたくシャンシャンストレッタピッチンニ猩々(能)宮川 泰

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィナーレの関連情報