コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイント ポイント

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ポイント

文字やフォントの大きさの単位。欧米で一般に使用されてきた単位で、1ポイントは約72分の1インチになる。ワープロ・ソフト表計算ソフトなどでは、画面に表示したり印刷したりするフォントの大きさをポイント数で指定する。文字やフォントの大きさの単位には、ポイントのほかに「パイカ」(1パイカは12ポイント)、国内で使われてきた「級」(1級は0.25mm)がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ポイント

文字の大きさを表す単位です。本来は印刷用語で、1ポイントは約0・35ミリですが、同じポイント数でも、パソコンでは画面サイズ解像度の設定によって、画面上に表示される文字のサイズが変わってきます。また、ポインタをある場所に動かして止める(クリックなどはしない)こともポイントといいます。
⇨解像度

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポイント(point)

点。箇所。「スターティングポイント」「バッティングポイント
要点。肝所(かんどころ)。「ポイントを押さえる」「チェックポイント
点数。点。
㋐スポーツ競技などで、得点。「ポイントをかせぐ」
㋑物品の購入の際などに付与される点数。他の商品を購入するときに利用できる。「ポイントをためる」「住宅エコポイント
鉄道線路の分岐点に設ける転轍(てんてつ)機。「ポイントを切り替える」
釣りで、魚が集まり、釣れる所。
活字の大きさの単位。1ポイントは0.3514ミリ。ポ。
小数点。コンマ。「ポイント一秒の差で敗れる」
百分率で表された二つ以上の数値の差をいう語。例えば、失業率2.1パーセントが数年後に2.4パーセントになった場合、0.3ポイント上がったという。
尖頭器(せんとうき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポイント

(1)ヤード・ポンド法の長さの単位。1ポイント=1/6ライン=1/72インチ=0.353mm。(2)活字の大きさの単位。日英米(アメリカ式ポイント)では1辺の長さ1/72インチ=0.3514mm=0.013837インチ,仏独(ディド式ポイント)では1/6リニユ=0.3759mm=0.0149インチを1ポイントとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

DBM用語辞典の解説

ポイント【points】

フリークエント・マーケティング・プログラムで使用される最も一般的なインセンティブ。ポイントは電子処理で、顧客が買い物をしてメンバーシップ・カードを提示すれば、顧客のアカウントに報酬が与えられる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポイント【point】

点。地点。箇所。 「バッティング--」
要点。重要な箇所。 「出題の-」
得点。点数。 「 -をかせぐ」 「二、三-リードしている」
転轍機てんてつき。 「 -を切り替える」
小数点。コンマ。
二つの指数の差違を表す単位。 「物価は前年比で二-の上昇」
トランプの一点札。エース。
活字・込め物などの大きさを表す単位。一ポイントは一辺が0.3514ミリメートル。
尖頭器せんとうき 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポイント
point

活版印刷で使用する活字と込め物の大きさの標準単位。1ポイントは 0.013837インチ (0.3514mm) に相当し,6ポイントから 40ポイントまである。日本には古くから号数制 (初号から8号) があったが,これは活字の大きさの順序を表わすが,大きさそのものは表わさず,各号間の倍数関係も複雑で,組版上非常に不便であった。ポイント制は活字の大きさも表わすので,倍数関係も簡単にわかり,植字も便利である。アメリカ式とヨーロッパディドー式とがあるが,日本ではアメリカ方式が採用され,本文用活字の8,9,10ポイントが最も多く使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポイントの関連情報