コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原村 みはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三原〔村〕
みはら

高知県南西部,渭南山地の最高峰今ノ山 (868m) の北に位置する村。中村,宿毛土佐清水の3市に囲まれる。丘陵性の地形で,谷には水田が比較的開けている。古くから用材木炭の生産で知られ,近年は畜産,茶栽培,施設園芸が発達。面積 85.37km2。人口 1574(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三原村の関連キーワード高知県幡多郡三原村上下長谷高知県幡多郡三原村亀ノ川高知県幡多郡三原村柚ノ木高知県幡多郡三原村上長谷高知県幡多郡三原村来栖野高知県幡多郡三原村下長谷高知県幡多郡三原村宮ノ川高知県幡多郡三原村皆尾高知県幡多郡三原村広野高知県幡多郡三原村下切高知県幡多郡三原村成山高知県幡多郡三原村狼内高知県幡多郡三原村芳井和田(千葉県)高知県幡多郡黒川 義太郎三原村の要覧三原(村)永橋 卓介土佐硯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三原村の関連情報