コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野[市] なかの

百科事典マイペディアの解説

中野[市]【なかの】

長野県北東部,長野盆地北端の市。1954年市制。中心の中野は山ノ内温泉郷および志賀高原後背地とする商業地区で,長野電鉄が通じる。夜間瀬(よませ)川の扇状地でモモ,巨峰ブドウリンゴ特産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかの【中野[市]】

長野県北部,長野盆地北部にある市。1954年市制。人口4万2292(1995)。中世は高梨氏の本拠地で,江戸時代には幕府の代官所が置かれた。1870年(明治3)代官所跡に中野県庁が設置されたが,中野騒動が起こり,翌年県庁は長野へ移された。明治以降,下高井地方の政治・経済の中心地として発展した。園芸農業が高度に発達していることが特色で,エノキダケ,ブドウ(巨峰),アスパラガスの生産のほか,リンゴ,モモなどの栽培も盛んであり,これらに関連した農業機械工業もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中野[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中野[市]の関連情報