予防接種(ワクチン)(読み)よぼうせっしゅ(わくちん)

妊娠・子育て用語辞典の解説

よぼうせっしゅ(わくちん)【予防接種(ワクチン)】

感染症の原因となる病原体の毒力を弱めたり、薬物で殺したり(不活化)、病原体や毒素の一部を精製するなどして予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを予防接種といいます。 予防接種で使うワクチンには、生ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(母子愛育会総合母子保健センター所長)、子育て編:渡辺博(帝京大学医学部附属溝口病院小児科科長)妊娠・子育て用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる