儒(漢字)

普及版 字通「儒(漢字)」の解説


常用漢字 16画

[字音] ジュ
[字訓] やわらか・おろか

[説文解字]

[字形] 形声
声符は需(じゅ)。需は雨乞いする下級の巫祝、而(じ)はまげを結ばない頭(こんとう)の巫祝の形。その人を(ぜん)といい、また(ぜん)・儒という。〔説文〕八上に「柔なり。士のなり」とあり、儒は巫祝の出身であった。〔礼記、儒行〕の〔目録〕に「儒の言たる、優なり、柔なり。能く人を安んじ、能く人をす。、儒なるは濡なり。先王のを以て、能く其の身を濡(うるほ)す」とするが、みなその音によって説くものにすぎない。儒はもと巫祝・葬礼のことなどにも従い、儒家の文献には葬礼に関するものがきわめて多い。

[訓義]
1. じゅがく、じゅしゃ。
2. やわらか、おだやか、やさしい。
3. よわい、したがう、おろか。
4. 字はまたに作る。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕侏儒 ヒキウト・タケヒキ・ヒキナリ・サカシ・ハカセ・ヒキウト 〔立〕儒 ヒキウト・ヲヨスク・ハカセ・ヤハラカナリ・サカシ・ウルフ・ヒキナリ

[語系]
儒・濡・嬬・孺njioは同声。みな需の声義を承け、その引伸の義をもつ字である。

[熟語]
儒衣・儒医・儒家・儒化・儒雅儒学・儒官・儒冠・儒緩・儒教・儒業・儒経・儒賢・儒玄・儒酸・儒士・儒者儒釈・儒弱儒輸儒儒・儒術・儒書・儒職・儒人・儒生儒碩・儒素・儒宗儒懦・儒傅・儒風・儒服・儒扮・儒墨・儒門儒吏・儒流・儒林
[下接語]
儒・雅儒・耆儒・坑儒・洪儒・鴻儒・散儒・師儒・侏儒・宿儒・醇儒・真儒・碩儒・浅儒・賤儒・俗儒・村儒・大儒・通儒・鄙儒・文儒・名儒・庸儒・老儒・陋儒

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android