口を開く(読み)クチヲヒラク

大辞林 第三版の解説

くちをひらく【口を開く】

口をあける。
話し始める。しゃべりだす。
〔「口を開けば」の形で〕 何か物を言う。発言する。 「 - ・けば自慢話だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 を 開(あ)

をきく。口をさしはさむ。口を出す。
※史記抄(1477)四「あまりつよく問はるるほどに、口(クチ)をあきはじめて云ほどに」
※春の潮(1908)〈伊藤左千夫〉一二「おとよの母も茲で一寸口をあく」
② あきれる。呆然(ぼうぜん)とする。
咄本・一休咄(1668)四「目なれぬ詩の体やと、口をあきてから、ふさぎかね」

くち【口】 を 開(ひら)

① 話しはじめる。しゃべりだす。
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉一五「口を開けば西洋文明の美を称し」
② 仕事などを始める。
俳諧・鶉衣(1727‐79)続「まづ東都の梓工をかたらひて、編集一部の口をひらくと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口を開くの関連情報