コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言(い)掛ける イイカケル

デジタル大辞泉の解説

いい‐か・ける〔いひ‐〕【言(い)掛ける】

[動カ下一][文]いひか・く[カ下二]
言い出そうとする。話し始めて、途中でやめる。言いさしにする。「結論を―・けたまま別の話に転じてしまう」
言葉をかける。
「悪口雑言を―・けられて」〈西周・百一新論〉
言いがかりをつける。
「少しも身に覚えのない事を―・けられ」〈円朝怪談牡丹灯籠
和歌連歌俳諧などで、一語に二つ以上の意味をもたせて使う。掛け詞(ことば)を用いる。「『』に『待つ』を―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例