コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言(い)掛ける イイカケル

デジタル大辞泉の解説

いい‐か・ける〔いひ‐〕【言(い)掛ける】

[動カ下一][文]いひか・く[カ下二]
言い出そうとする。話し始めて、途中でやめる。言いさしにする。「結論を―・けたまま別の話に転じてしまう」
言葉をかける。
「悪口雑言を―・けられて」〈西周・百一新論〉
言いがかりをつける。
「少しも身に覚えのない事を―・けられ」〈円朝怪談牡丹灯籠
和歌連歌俳諧などで、一語に二つ以上の意味をもたせて使う。掛け詞(ことば)を用いる。「『』に『待つ』を―・ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android