コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申(し)上げる モウシアゲル

デジタル大辞泉の解説

もうし‐あ・げる〔まうし‐〕【申(し)上げる】

[動ガ下一][文]まうしあ・ぐ[ガ下二]
言う」の謙譲語。うやうやしく言う。古くは、身分格差のある目上に言上する意であったが、現在では、改まり丁重にいう「申す」に対し、言う対象を敬う語として一般に用いられる。「謹んで初春のお慶びを―・げます」
「お」や「御(ご)」の付いた自分の行為を表す体言に付けて、その行為の対象を敬う。…してさしあげる。「お答え―・げます」「御相談―・げたく参上致しました」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android