語る(読み)カタル

  • かた・る

デジタル大辞泉の解説

[動ラ五(四)]
話す。特に、まとまった内容を順序だてて話して聞かせる。「目撃者の―・るところによれば」「決意の程を―・る」
語り物を節をつけて朗読する。「浪曲を―・る」
ある事実がある意味・真実・事情などをおのずから示す。物語る。「この惨状が台風のすさまじさを―・っている」
親しくまじわる。
「其の里の人、年ごろ別して―・り、殊更(ことさら)内縁のよしみなりけるが」〈浮・武家義理・二〉
[可能]かたれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

語るの関連情報