口を切る(読み)クチヲキル

デジタル大辞泉の解説

口(くち)を切・る

話を始める。最初に発言する。「まず彼が話の―・った」
開けたことのないふたや栓、封などを開ける。「シャンペンの―・る」
馬を歩かせはじめるために、手綱を緩める。
「権三が馬は逸物の、―・って角を入れ」〈浄・鑓の権三

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちをきる【口を切る】

言い始める。また、大勢の中で最初に発言する。 「妻の方から先に-・った」
缶や樽たるなどの封を切る。
手綱をゆるめて馬を出発させる。 「権三が馬は逸物いちもつの-・つて角を入れ/浄瑠璃・鑓の権三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 を 切(き)

① まだ開いていない樽(たる)やビン、箱などのふたやせんをあける。
※虎寛本狂言・船渡聟(室町末‐近世初)「祝儀に持て参る事で御ざるに依て、は切られませぬ」
② 言ってはならないことを言ってしまう。
洒落本・通人枕言葉(1781)幾よし屋の坐舗「わきの内から手を廻して聞けば、爰の内に出て居ると、見番で口をきった」
③ 話をしはじめる。多くの人たちの中で最初に発言する。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「『お銀』と頗る厳格(おごそか)に口を切ると」
④ 遊女などと前もって約束しておくことを、江戸深川の遊里でいう。
※洒落本・愚人贅漢居続借金(1783)「やくしゃをはじめから口をかけるとがんづくから、廻しにみんな、口をきらせておゐて」
⑤ 馬を歩かせはじめるために、手綱をゆるめる。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「権三が馬は逸物の口を切て角を入れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口を切るの関連情報