口を切る(読み)くちをきる

精選版 日本国語大辞典「口を切る」の解説

くち【口】 を 切(き)

① まだ開いていない樽(たる)やビン、箱などのふたやせんをあける。
※虎寛本狂言・船渡聟(室町末‐近世初)「祝儀に持て参る事で御ざるに依て、口は切られませぬ」
② 言ってはならないことを言ってしまう。
※洒落本・通人枕言葉(1781)幾よし屋の坐舗「わきの内から手を廻して聞けば、爰の内に出て居ると、見番で口をきった」
③ 話をしはじめる。多くの人たちの中で最初に発言する。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「『お銀』と頗る厳格(おごそか)に口を切ると」
遊女などと前もって約束しておくことを、江戸深川の遊里でいう。
※洒落本・愚人贅漢居続借金(1783)「やくしゃをはじめから口をかけるとがんづくから、廻しにみんな、口をきらせておゐて」
を歩かせはじめるために、手綱をゆるめる。
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「権三が馬は逸物の口を切て角を入れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口を切る」の解説

くち・る

話を始める。最初に発言する。「まず彼が話の―・った」
開けたことのないふたやなどを開ける。「シャンペンの―・る」
馬を歩かせはじめるために、手綱を緩める。
「権三が馬は逸物の、―・って角を入れ」〈鑓の権三
[類語]話す語るしゃべるしゃべくる物言う口を利く告げる言う述べる打ち明ける明かす述懐する告白する口外こうがいする他言たごんする言い出す言い掛ける言い始める言い話し込む話しかける発言する口に出す口にする口に上る口の端に掛かる口を開く吐く漏らす口走る抜かすほざくうそぶくおっしゃる伝える物語る説明する仰せられるのたま申し上げる申し述べる申す言上ごんじょうする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android