古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)(読み)こときょうとのぶんかざい(きょうとし、うじし、おおつし)

事典 日本の地域遺産の解説

(京都府京都市;京都府宇治市;滋賀県大津市)
世界遺産」指定の地域遺産(1994(平成6)年)。
「古都京都の文化財」は、京都府京都市・宇治市と滋賀県大津市にある17の歴史的建造物で構成される。京都は、桓武天皇によって平安京が建設された794(延暦13)年以来、天皇が居所をおいた日本の首都であり、1000年以上文化・経済・政治の中心として繁栄した。平安時代から江戸時代にいたるまで、各時代の貴重な文化遺産が多数残されている。17件の内訳は、賀茂別雷神社(京都府京都市)、賀茂御祖神社(京都市)、教王護国寺(東寺)(京都市)、清水寺(京都市)、醍醐寺(京都市)、仁和寺(京都市)、高山寺(京都市)、西芳寺(京都市)、天龍寺(京都市)、鹿苑寺(ろくおんじ)(京都市)、慈照寺(京都市)、龍安寺(京都市)、本願寺(京都市)、二条城(京都市)、平等院(京都府宇治市)、延暦寺(滋賀県大津市)、宇治上神社(京都府宇治市)である

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)の関連情報