コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘔吐(文学) おうと

百科事典マイペディアの解説

嘔吐(文学)【おうと】

サルトルの小説。1938年刊。ロカンタンは歴史研究のため北仏の小都市に滞在しているが,ある日,公園でマロニエの木の根を見ていたとき,〈なにか〉を感じる。やがてそれは〈嘔吐〉であり,事物の〈存在〉を意識したことによって生じることを知る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

嘔吐(文学)の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android