コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘔吐(文学) おうと

百科事典マイペディアの解説

嘔吐(文学)【おうと】

サルトルの小説。1938年刊。ロカンタンは歴史研究のため北仏の小都市に滞在しているが,ある日,公園でマロニエの木の根を見ていたとき,〈なにか〉を感じる。やがてそれは〈嘔吐〉であり,事物の〈存在〉を意識したことによって生じることを知る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

嘔吐(文学)の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ