嘔吐(文学)(読み)おうと

百科事典マイペディアの解説

サルトルの小説。1938年刊。ロカンタンは歴史研究のため北仏の小都市に滞在しているが,ある日,公園でマロニエの木の根を見ていたとき,〈なにか〉を感じる。やがてそれは〈嘔吐〉であり,事物の〈存在〉を意識したことによって生じることを知る。日記体の長編小説で,作者の文学的・哲学的出発を示す重要な作品。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android