コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘔吐(文学)(読み)おうと

百科事典マイペディアの解説

嘔吐(文学)【おうと】

サルトルの小説。1938年刊。ロカンタンは歴史研究のため北仏の小都市に滞在しているが,ある日,公園でマロニエの木の根を見ていたとき,〈なにか〉を感じる。やがてそれは〈嘔吐〉であり,事物の〈存在〉を意識したことによって生じることを知る。日記体の長編小説で,作者の文学的・哲学的出発を示す重要な作品。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android