コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩山[市] えんざん

百科事典マイペディアの解説

塩山[市]【えんざん】

山梨県中部,甲府盆地北東部と北部の山地を占める旧市。1954年市制。中心市街は青梅街道の宿場町,商業中心として発達。明治末に中央本線が開通し,周辺の繭の集積地となった。第2次大戦後ブドウ,桃の栽培が盛んとなり,ブドウ酒醸造も行われる。工業では地場産業の製材,石材加工のほか工業団地が造成されて一般機器,電気機器工業が進出している。塩山温泉,快川和尚で有名な夢窓国師建立の恵林寺があり,大菩薩峠のある北部は秩父多摩甲斐国立公園に属する。2005年11月,東山梨郡勝沼町,大和村と合併し市制,甲州市となる。184.74km2。2万6587人(2003)。
→関連項目牧丘[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんざん【塩山[市]】

山梨県北東部,甲府盆地北東部にある市。1954年市制。人口2万7117(1995)。市名は市街地の北に接する塩山(しおのやま)(554m)に由来する。中心市街は重川の扇状地上にあり,古くから青梅街道の通じる交通の要路にあたっていたが,1903年中央線の開通によって地方中心地に発展,第2次世界大戦前までは周辺の養蚕地帯の中心として繭取引市場が開かれた。戦後は南の勝沼町や一宮町の影響を受けてブドウ,桃の果樹栽培が盛んとなり,農地の大半が果樹園によって占められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android