境界・疆界(読み)きょうかい

  • きょうかい キャウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 土地や国のさかい。また、二つのものの境目。
※続日本紀‐慶雲三年(706)三月丁巳「由是踰峯跨谷、浪為境界
※公職選挙法(1950)一三条「二以上の選挙区にわたって、市町村の境界の変更があったときは」 〔列子‐周穆王〕
② 区域。地域。領域。
※狂雲集(15C後)陋居「目前境界似吾癯、地老天荒百草枯」 〔耶律楚材‐外道李浩和景賢予再和詩〕
③ 数学で、位相空間の部分集合Aの境界点の集合のAに対する称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android