大塔(読み)おおとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塔(和歌山県)
おおとう

和歌山県南部、西牟婁郡(にしむろぐん)にあった旧村名(大塔村(むら))。現在は田辺市(たなべし)の南部を占める地域。旧大塔村は、1956年(昭和31)三川(みかわ)、鮎川(あゆかわ)、富里の3村が合併して成立。2005年(平成17)中辺路(なかへち)、本宮2町および龍神村とともに田辺市に合併。大塔山(1122メートル)西麓(せいろく)にあり、旧村名の由来となる。大塔宮護良(だいとうのみやもりよし)親王の伝説も村にあるが、名称とかかわりはない。日置(ひき)川と富田(とんだ)川流域の山村で、山林労働が主。殿山(とのやま)ダム築造後は過疎化が進み、集落移転が一部行われた。旧熊野街道の国道311号、および日置川沿いに371号が通る。富里温泉や百間谷(ひゃっけんだに)の勝景がある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塔の関連情報