奥州(市)(読み)おうしゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥州(市)
おうしゅう

岩手県南西部に位置する市。2006年(平成18)水沢市(みずさわし)、江刺市(えさしし)、胆沢(いさわ)郡前沢町(まえさわちょう)、胆沢町、衣川村(ころもがわむら)が合併して成立。市名の奥州は陸奥国の別称。西側を奥羽山脈、東側を北上高地で挟まれる北上盆地の南部に位置する。中心域は北上(きたかみ)川西岸の河岸段丘上の水沢市街で、その東側を北上川が南流する。南北にJR東北本線、国道4号(旧奥州街道)、456号、東北新幹線、東北自動車道が通り、新幹線の水沢江刺駅、東北自動車道の水沢インターチェンジ、平泉前沢インターチェンジがある。東西には国道343号、397号が通じ、北部を国道107号、釜石自動車道が横断する。西部は栗駒(くりこま)国定公園の一部。
 律令政権が進めた蝦夷経営に抵抗した蝦夷との戦線は、8世紀後半に胆沢に及んだ。ここで族長、阿弖流為(あてるい)を降伏させた坂上田村麻呂は802年(延暦21)胆沢城(城跡は国指定史跡)を築き、奥羽平定の拠点とした。胆沢城との密接な関係が推定される水沢区黒石(くろいし)町の黒石寺(こくせきじ)は、行基創建、坂上田村麻呂の再建という。中尊寺に近い衣川区には安倍氏や藤原氏にかかわる遺跡が多い。江戸時代、仙台藩は岩谷堂(いわやどう)要害を中心として盛岡藩に対する藩境防衛体制をとった。岩谷堂要害の館下に発達した岩谷堂町は北上川の河港下川原(しもかわら)を擁し、また盛(さかり)街道が通じ、北上川流域と気仙(けせん)方面の産物の交易市場として栄えた。ほかに要害の置かれた人首(ひとかべ)、野手崎(のてざき)などにも盛街道の宿場町が形成された。奥州街道の宿駅では、盛街道との分岐点となる水沢宿や前沢宿が置かれた。1617年(元和3)伊達家の家臣でキリシタンの後藤寿庵(じゅあん)がつくった寿庵堰(ぜき)などによって、胆沢川の水を扇状地に揚水し、新田開拓が進められている。1899年(明治32)水沢に開設された緯度観測所(現、国立天文台水沢キャンパス)は、国際極運動観測事業の中央局として、その名が世界に知られた。
 現在、北上川西部扇状地では水稲(江刺金札米など)、豆類、野菜、リンゴなどを栽培し、南部鉄器の生産も盛ん。東部の原野は馬産地であったが、近年、乳牛、肉牛(前沢牛など)飼育が行われている。江刺中核工業団地をはじめ、水沢工業団地、伝統産業の岩谷堂箪笥の木工団地、前沢区の本杉(もとすぎ)工業団地などが造成された。2008年(平成20)岩手県内陸南部を震源とする岩手・宮城内陸地震が発生、市域でも各所で崩落が起こり、断水、道路網の寸断など大きな被害が出ている。2011年の東日本大震災では死者3人・行方不明1人、住家全壊51棟・半壊414棟を数えた(消防庁災害対策本部「平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第157報)」平成30年3月7日)。胆沢区の角塚古墳(つのづかこふん)、水沢区の高野長英旧宅(たかのちょうえいきゅうたく)(いずれも国史跡)などの史跡がある。黒石寺で夜を徹して行われる蘇民(そみん)祭は、奇祭として知られる。面積993.30平方キロメートル(一部境界未定)、人口11万9422(2015)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥州(市)の関連情報