寄る(読み)ヨル

デジタル大辞泉「寄る」の解説

よ・る【寄る】

[動ラ五(四)]
ある人・物やあるに向かって近づく。近寄る。「彼女のそばに―・る」「たき火の近くに―・る」
1か所に集まる。一緒になる。「親類が―・って相談する」「三人―・れば文殊の知恵」
ある所へ向かう途中で、他の所を訪れる。立ち寄る。「出社前に得意先に―・る」「帰りに飲みに―・る」
片方の端へ近づく。また、一方の側にかたよる。「部屋の隅に―・る」「西に少し―・った地域」
(「倚る」「凭る」とも書く)もたれかかる。「縁側の柱に―・って庭を見る」
数が加わる。多くなる。重なる。「しわが―・る」「年が―・る」
考えがそこに至りつく。思い及ぶ。「思いも―・らない大事件」
相撲で、組んだ体勢で相手を押し進む。「腰を落として―・る」
相場で、立ち会いの最初の取引が成立する。「五円高で―・る」
10 気持ちが傾く。
「今更に何をか思はむうちなびきは君に―・りにしものを」〈・五〇五〉
11 なびき従う。服する。
「人の言に―・りて、いかなる名をくたさまし」〈夕霧
12 味方になる。
「あなたに―・りて、ことさらに負けさせむとしけるを」〈・一四三〉
13 寄進される。寄付される。
「かかる所に庄など―・りぬれば」〈宇治拾遺・八〉
14 神霊や物のなどが乗り移る。
「寄り人は今ぞ―・り来る」〈葵上
[可能]よれる
[下接句]秋の鹿しかは笛に寄る思いも寄らない女の足駄にて作れる笛には秋の鹿寄る目の寄る所へは玉も寄る
[類語](1近付く近寄る来る迫る差し迫る押し迫る押し詰まる切迫するやってくるきた訪れる来訪する到着する着く/(3立ち寄る訪ねる

よそ・る【寄る】

[動ラ四]
自然に引き寄せられる。
「荒山も人し寄すれば―・るとぞいふ」〈・三三〇五〉
が打ち寄せられる。寄せる。
白波の―・る浜辺に別れなばいともすべなみ八度袖振る」〈・四三七九〉
ある異性に心を寄せているとうわさされる。
新田山にひたやまには付かななに―・りはしなるらしあやにかなしも」〈・三四〇八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android