コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎[市](読み)おかざき

百科事典マイペディアの解説

岡崎[市]【おかざき】

愛知県中部,岡崎平野東部と美濃三河高原の一部を占める市。1916年市制。矢作(やはぎ)川左岸の中心市街は中世築城の岡崎城城下町で,徳川家康生誕の地。近世は東海道の宿場町矢作川河港であった。東海道本線,名鉄名古屋本線,東名高速道路,新東名高速道路が通じて人口が急増,名古屋市への通勤者も増加している。かつては繊維工業が盛んであったが,1970年代以降輸送用機器,化学工業が大きく発展し,製造品出荷額1兆3326億円(2003)の工業都市となった。八丁みそ,三州釜,三河木綿,花火などの伝統工業も行う。2006年1月額田郡額田町を編入。387.20km2。37万2357人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おかざき【岡崎[市]】

愛知県のほぼ中央,岡崎平野の中心に位置する西三河地方の経済・文化・交通の中心都市。1916年市制。人口32万2621(1995)。縄文時代早期から矢作(やはぎ)川,乙(おと)川沿いに居住が営まれ,古くから水陸交通の要衝であったが,15世紀半ば岡崎城が築かれ,近世には5万石の城下町,岡崎,藤川は東海道の宿場町,矢作川の水陸貨物の中継河港町として栄えた。明治に入り,東海道線(1888開通)を忌避したため交通集落としての機能は衰えたが,1923年に名古屋と豊橋を結ぶ愛知電鉄(現,名古屋鉄道)が開通して活況を取りもどした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岡崎[市]の言及

【矢作】より

…三河国碧海郡(現,愛知県岡崎市)の地名。矢作川渡河点として古代以来交通の要地であった。…

※「岡崎[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android