日野(市)(読み)ひの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野(市)
ひの

東京都西部、八王子市と立川(たちかわ)市の間にある市。1963年(昭和38)市制施行。北東境界を多摩川(たまがわ)が流れ、支流浅川が中央部を東流する。市域は両川の沖積低地と日野台地、多摩丘陵に位置する。昔は飛火野(とぶひの)とよばれ飛火(のろし)をあげるに適していたことから名がつき、火野から日野になったという伝承がある。また中世、武蔵七党(むさししちとう)の一つ日奉(ひまつり)氏の本拠地で、先祖を祀(まつ)った日野宮(ひのみや)神社が地名の由来ともいう。江戸時代、甲州街道の多摩川渡河点の宿場町として栄えた。丘陵にある平山城跡は一ノ谷の戦いで熊谷直実(くまがいなおざね)と先陣を競った平山季重(すえしげ)の関連史跡であるが、いまでは宅地化が進んで丘陵は削られている。その東、百草(もぐさ)にある八幡(はちまん)宮は源頼義(よりよし)父子が勧請(かんじょう)したと伝えられるが、いまは梅の名所百草園で知られる。中心市街地は豊田(とよだ)でJR中央本線が通り、豊田駅の北側に多摩平(だいら)団地、その北方に甲州街道(国道20号)が走り、街道沿いに日野自動車の工場がある。ほかに、東芝、富士電機システムズ(旧、富士電機)、コニカミノルタなどの工場が西部にあり、南東部は住宅団地が多く宅地開発が盛んである。北部を中央自動車道が通過するが市内に出入口はない。南部、丘陵の北麓(ほくろく)に京王電鉄京王線・動物園線が通り、高幡不動尊(たかはたふどうそん)、多摩動物公園などの観光・行楽地がある。市域東側を多摩都市モノレールが縦断する。面積27.55平方キロメートル、人口18万6283(2015)。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android