火蓋を切る(読み)ヒブタヲキル

デジタル大辞泉の解説

火蓋(ひぶた)を切・る

火蓋1を開いて点火の準備をする。転じて、戦いや競争を開始する。「選挙戦の―・る」
[補説]「幕を切って落とす」との混同で、「火蓋を切って落とす」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひぶたをきる【火蓋を切る】

火蓋を開いて点火する。
戦い・争い・競争などが始まる。火蓋を切って落とす。 「反撃の-・る」 「舌戦の-・る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひぶた【火蓋】 を 切(き)

① 火縄銃の火蓋を開いて点火の用意をする。また、発砲する。
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「火蓋を切ば、あはれや二疋ともに落けるを」
② 物事に着手する。行動を開始する。
人情本・恩愛二葉草(1834)二「結句思ひの種子が島、火蓋を切って咄した上は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android