蓋を開ける(読み)ふたをあける

精選版 日本国語大辞典「蓋を開ける」の解説

ふた【蓋】 を 開(あ)ける

① 事の実情や結果などを見る。また、事を始める
※冷え物(1975)〈小田実〉「それがいざフタをあけてみると、〈略〉借家を買いとったのがたたって、ほとんど残らず」
② 劇場などで、興行を始める。初日をあける。幕をあける。
※滑稽本・役者妙々後の正夢(1833)上「初日までには二度三度蓋(フタ)さへあければ大丈夫」
③ 取引所で、立会を停止したり、休止していた市場を再開したりする。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉六「この相場はふたを開(ア)けさへすればまた崩落(から)でさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓋を開ける」の解説

ふた・ける

物事を始める。また、物事の実情・結果などを見る。「効果のほどは—・けてみなければわからない」
劇場などが開場する。特に、芝居で、その日の狂言を始めるのにいう。
[類語]始まる開始する幕開き開幕始めるしだすやりだす掛かる取り掛かるしかかるしかける着手する踏み出すスタート出出し立ち上がり手始め皮切り口切り封切り起動始動発動幕がふたく・しょ・ちょ端を発する口火を切る火蓋を切る幕を切って落とす狼煙のろしを上げる手を付ける御輿みこしを上げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android