コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕出す/為出す シダス

デジタル大辞泉の解説

し‐だ・す【仕出す/為出す】

[動サ五(四)]
しはじめる。とりかかる。「ようやく仕事を―・す」
注文に応じて、料理を作って届ける。「精進料理を―・す」
しいず1」に同じ。
「かたのごとく御湯―・いてまゐらせたり」〈平家・三〉
しいず2」に同じ。
「鼓判官ガ不思議ナコトヲ―・イテ、御所ヲモ焼カセ」〈天草本平家・四〉
しいだす4」に同じ。
「三文字屋といへる人、昔、懐中合羽を―・し」〈浮・永代蔵・六〉
財をなす。
「四、五年に銀二貫目あまり―・し」〈浮・永代蔵・三〉
着飾る。
「花車(きゃしゃ)に―・し、三つ重ねたる小袖」〈浮・五人女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

仕出す/為出すの関連キーワード三つ重ね一人腹最中竹村

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android