コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕掛ける シカケル

2件 の用語解説(仕掛けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐か・ける【仕掛ける】

[動カ下一][文]しか・く[カ下二]
相手に対して、こちらから働きかける。相手が乗ってくるように扱う。仕向ける。「技を―・ける」「けんかを―・けられる」

㋐作用するように、装置・工夫などを設ける。「わなを―・ける」「ダイナマイトを―・ける」
㋑煮炊きするために、火の上にかける。「御飯を―・ける」「なべを―・ける」
動作・作用をしはじめる。また、何かをしはじめて、その中途である。「話を―・けてやめる」「仕事を―・けている」
取引市場で、株価の騰落を予想して、新たに売買の注文をする。
物を作って、それを他の物の上にかける。
「御衣掛(みそかけ)の御装束など、例のやうに―・けられたるに」〈・葵〉
浴びせかける。ひっかける。
「父君に尿(しと)多(ふさ)に―・けつ」〈宇津保・蔵開上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しかける【仕掛ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 しか・く
他人に対して、自分の方から積極的に動作・作用を向ける。攻勢に出る。 「喧嘩けんかを-・ける」 「うしをくひてゐるきやくにはなしを-・ける/安愚楽鍋 魯文
装置を取り付ける。また、装置をセットする。しかけをする。 「目覚まし時計を-・ける」 「わなを-・ける」
し始める。また、ある動作を始めてその途中である。 「挨拶を-・けて気付いた」
煮たきするために、鍋なべ・釜かまなどを火にかける。また、その準備をしておく。 「ご飯を-・ける」 「是からおかゆを-・けう/浄瑠璃・先代萩」
浴びせる。注ぎかける。ひっかける。 「烏のとびて通りけるがゑどを-・けけるを/宇治拾遺 2
押し寄せる。押しかける。 「今夜は何でも家へ-・けて、引つ剝いで行かにやあなりませぬのさ/歌舞伎・都鳥廓白浪」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕掛けるの関連キーワード絎ける腰掛ける話し掛ける蒸ける蓬ける捲し掛ける痩けるささ・ける叱り付ける老ける

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕掛けるの関連情報