身を入れる(読み)みをいれる

精選版 日本国語大辞典「身を入れる」の解説

み【身】 を 入(い)れる

を投げる。投身する。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)九「かいじゃうへ、みをいれたやら、もつらがうらのあき人が、ふねにものせてゆきたやら」
② 物事を、をこめてする。一所懸命にする。専心する。親身になる。
※狂歌・狂歌活玉集(1740)下「身をいれて契るかひなきことのが心はをあきまめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「身を入れる」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android