コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相生[市] あいおい

2件 の用語解説(相生[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

相生[市]【あいおい】

兵庫県南西部の市。1942年市制。相生湾に臨む中心市街は,1908年播磨船渠会社の創設とともに発展,造船関連産業,陸上部門の内燃機関など工業化が進み,造船(石川島播磨重工)を中心に播磨臨海工業地帯の一部をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいおい【相生[市]】

兵庫県南西部,播磨灘に臨む市。かつては相生(おお)町と呼んでいたが,1939年那波(なば)町を編入した際,相生(あいおい)町と改称。42年市制,54年若狭野村,矢野村を編入。人口3万6103(1995)。市の北部一帯は中世のころは東寺領の矢野荘に含まれていた。江戸時代から相生は港町として栄え,現在は日本の代表的な造船都市として知られている。深く湾入した相生湾は天然の良港であるが平地に乏しく,工業地区公共施設は埋立地に立地している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

相生[市]の関連キーワードアフリカ文学軍艦小事典シャピロマレー白石喜之助ヒルハウス後生相同時生相プロジェネティック相ハルツング岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone