能力(読み)のうりょく(英語表記)ability

翻訳|ability

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能力(実行力、達成力)
のうりょく
ability

なんらかの活動(動作や作業)を可能にする心理的・生理的条件のすべてをいう。一般には、訓練や発達過程の現段階における実行力あるいは達成力をさす。これに対し、最適条件下で訓練するならば到達可能とされる上限を潜在的能力、すなわち性能capacityとよぶ。この両者を含めて能力ということもある。能力は生得的・素質的条件と教育・訓練や過去経験とによって形成されるが、性能は生得的・素質的条件によって規定される。学問や芸術など特殊な分野で将来の訓練によって開花が予想される未開発の資質を才能talentといい、優れた技術的能力を技能skillとよぶ。また、言語能力などのように日常生活に必要な能力を実際的能力proficiencyという。[肥田野直]

発達心理学的概念としての能力

環境と効果的に相互交渉する能力をコンピテンスcompetenceという。これは、外界に変化を生じさせることができるという効力感を追求して、能力を生かそうと自発的に動機づけられて行動する結果、行動が熟達して自信をつけるという一連の過程を表している。[肥田野直]

実体概念としての能力

古典的な能力心理学では、精神現象を多くの能力facultyに分類記述しようとした。ドイツの哲学者であるC・ウォルフやスコットランドの哲学者のT・リードなどがその例であるが、これが19世紀後半になってくると、能力を実体化するものとして批判されるようになった。[肥田野直]

教育用語としての能力

わが国の憲法第26条には「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」と定められており、教育基本法第3条はこれに加えて「人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によつて、教育上差別されない」と定めている。しかし、能力を明確に定めた条文はない。教育用語として「能力・適性」と並べることがあるが、この場合には、前者が現時点ですでに獲得しているもの、後者は教育や発達によって将来達成できるものをさすといえよう。また、すでに達成している成績(遂行)performanceまたは成績(学力)achievementは、結果として実際に示されているのに対し、能力は環境条件や本人の動機づけが十分でなければ成果に表れない。
 能力は運動能力、知能、学力などに分けられ、一般的能力と特殊的能力にも分けられる。なお、どの能力に価値を置くかという能力観は、社会的・歴史的に規定されている。[肥田野直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能力の関連情報