コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞠若 ドウジャク

デジタル大辞泉の解説

どう‐じゃく〔ダウ‐〕【×瞠若】

[名](スル)驚いて目を見張ること。
「為永をして猶(なお)―せしむる醜猥なる物語を」〈魯庵社会百面相
[ト・タル][文][形動タリ]驚いて目を見張るさま。
「お傍の人たちを―たらしむるほどの秀歌を」〈太宰・右大臣実朝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうじゃく【瞠若】

( 名 ・形動タリ )
驚いて目をみはる・こと(さま)。瞠然。 「此点に於ては確に-たる所なき能はず/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瞠若の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅寂・弱・惹・若・雀・鵲蘆花

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android