コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西方[町] にしかた

百科事典マイペディアの解説

西方[町]【にしかた】

栃木県南西部,上都賀(かみつが)郡の旧町。1994年町制。東部は思川(おもいがわ)の沖積平野で,米麦を中心にイチゴ,ニラなどの施設園芸が行われる。中心の金崎は江戸時代日光例幣使街道宿場町としてにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしかた【西方[町]】

栃木県南部,上都賀(かみつが)郡の町。人口6795(1995)。1994年町制。思川上流の小倉川西岸の低地と,足尾山地に続く丘陵地を占め,北東は鹿沼(かぬま)市に接する。中世に宇都宮氏の一族が城山に拠り,宇都宮の西にあたることから西方氏を名のった。中心の金崎は近世,日光例幣使街道の宿場町であった。小倉川には関東三大堰の一つ小倉堰があって周辺を灌漑し,〈西方五千石〉といわれた米どころであった。大麻の産も多かったが,1960年代に急激に減少し,イチゴのハウス栽培が急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android